MENU

もみもみ学園には波上宮のシーサーが実在

沖縄最大の風俗街「辻」は、ソープやヘルスデリヘル(待機所)が密集しています。沖縄最大の歓楽街「松山」は、セクキャバ・ランパブ・おっぱいパブが人気です。他にも「前島」というディープなエリアもあり、本サロ・ちょいの間・立ちんぼの噂を聞きます。今回は、松山で人気がある「もみもみ学園」の話です。

 

夜遊び前に利用する店

ゆいレールの県庁前駅から一銀通りを進み、2本目を左に曲がって次を右に曲がると「おいで家久茂地本店」に到着です。この店は風俗街「辻」と歓楽街「松山」で遊ぶ時に利用しています。今夜の注文は、大好物の豚足・金さん家のチジミ・スタミナ砂肝ニンニク炒めとオリオンビールです。これだけ頼んでも、2000円からお釣りがきちゃいますよ^^

 

スナック?セクキャバ?

ちょっとほろ酔い加減になったけど、もう一軒ハシゴしたい気分になりました。松山の店を携帯で検索すると「もみもみ学園」がヒットしました。でも「スナックもみもみ学園」なんです。よくみるとセクキャバとも書いてあるし、コスプレの制服がエッチに乱れています。40分5000円の割引きサービスなので、ちょっと突撃してみようと思います。

 

イソジンでうがい?

国道58号線の久茂地信号から前島方面に歩き、松山信号の手前を左に曲がると「スナックもみもみ学園」が見えてきました。クーポン券を見せて5000円を支払い、イソジンでうがいをします。セクキャバでイソジンは初めてだけど、これってキスOKということですよね。待ち合い室でさんぴん茶を飲んでると、ご案内の声がかかりました。

 

沖縄のセクキャバは真っ暗が基本

店内は暗闇状態でなにも見えません。沖縄のセクキャバは地元の嬢が多いらしく「お客さんが知り合いだったら困るでしょう」と言われたことがあります。つまり、顔がわからないようにしているのです。二人掛けのボックスに座りウーロン茶を飲んでると、5分ぐらいで嬢がやってきました。顔は見えないけどドヤ顔ですよ!波上宮のシーサーみたいな予感を感じて、ブルブルっと鳥肌が立ちました^^;

 

下半身タッチ以外はOK

目が慣れてくると、白いブラウスにチェックのミニスカを履いていました。制服の上からオッパイを揉んだらOK、ボタンを外すのもOK、生オッパイを楽しみながら下半身タッチはNGでした。抱っこちゃん座りになると、姫はアソコでオチンコを刺激するんです。着衣素股とでもいいましょうか、気持ちいいから勃起しちゃいました^^

 

乳首がヒリヒリしてきた

ウーロン茶では盛り上がらないので、ビールを頼んだら別料金でした。ビールを飲んでいると姫が、シーサーの乳首をいじります。乳首が立ってきたらTシャツを捲り上げて乳首なめ!ツネッたり引っ張ったりはいいけど、歯を立てて噛むのは止めてくださーい!乳首がヒリヒリして痛ーい!オチンコを揉むのは続けてかまいません。

 

お客を見送らない方が・・・

時間になったら店員が延長を聞いてきました。嬢を交代することも考えたけど、これ以上のサービスを期待できないので退席です。腕組みしながら送ってくれるのはアリガタイですが、嬢の顔はデカイ!波上宮のシーサーみたいといったら、シーサーに失礼だと思います。名刺をくれたけど、久茂地川に捨てちゃいました。ごめんなさいです。
松山にあるおっパブ「もみもみ学園」体験談

↑久茂地川

 

自宅に向いながら蒼い満月をみていたら、スケベなオオカミ男に変身です。くるっと身を返して松山の歓楽街を抜け、泊埠頭ターミナルに向かってしまいました。スッキリしないので、前島の本サロに突撃しちゃいます^^

 

おっぱいパブリストin沖縄風俗